03-5848-9373
  • 東京都中野区上鷺宮3丁目10-12
  • 西武池袋線『富士見台駅』より徒歩3分

歯周病perio

歯周病とは

日本の成人の約80%が感染している
歯周病

歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。 歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。
歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。
歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。専門的な治療が必要なるケースがあります。

歯周病は国民病?

40代以上で歯を失う原因の1位は歯周病です。歯周病は国民病と言われ、厚労省によると20代で約7割、30〜50代では約8割、60代以上では約9割の方が歯周病にかかっているというデータもあります。
そのため、当院では歯を守る取り組みとして、歯周病の治療と予防を徹底して行っております。2名の常勤の歯科衛生士が患者様のお口の中の状態に応じて専門的治療を行います。

歯周病は単なる口の中の感染症ではなく、さまざまな病気や全身の状態に影響を及ぼすことが明らかになっています。

歯周ポケットから体内に侵入した細菌や細菌由来の病原因子に加え、炎症に関係する物質(サイトカイン)が歯肉の血管を通じて血液に流れ込むことなどが原因となります。歯周病は決して「歯の周辺」にとどまる病気ではないのです。

歯周病により発症または悪化する可能性のある病気

  • 糖尿病(歯周病は糖尿病の合併症ともいわれ、相互に悪影響を及ぼします)
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 感染性心内膜炎
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 誤嚥性肺炎
  • 関節リウマチ
  • 低体重児出産・早産 等

放置すると知らない間に、生活習慣病をはじめ、全身に影響を及ぼすのが歯周病なのです。 たかが歯周病、と放置しておくと、命に関わる病気を招くことも。全身の健康を保ち、いつまでも元気に働くためには、食事・運動・睡眠・禁煙等とともに、適切な歯周病治療と予防が重要となります。

当院では、2名の常勤歯科衛生士が歯磨きの仕方から、デンタルフロス・歯間ブラシの使い方、食生活の改善点、日常生活での注意点の管理と指導を行ったのち、歯周病治療と予防処置を行っていきます。

練馬区・中野区・杉並区で、
常勤歯科衛生士による歯周治療を行っている歯科医院をお探しの方へ

一度、富士見台さくら歯科まで
ご相談ください。
03-5848-9373

WEB予約